男性も、男性ホルモンでニキビが出来るのか?

ニキビと言うと、様々な要因が考えられますが、その中でも、男性ホルモンが影響していることが多いのです。

つまり、女性でいえば、主に女性ホルモンが半数以上を占めているのが現状なのに、ストレス等、生活のちょっとした歪みで、男性ホルモンが増加してしまうのです。
男性ホルモンには、皮脂分泌を加速させるホルモンも存在する為、皮脂が増えることで、細菌が増え、そして炎症を起こし、ニキビを助長させてしまうのです。
では、元々男性ホルモンが多い男性には、ニキビが出来るのか?
実際見ていると、多くの男性が、ニキビで悩んでいるようで、元々多い男性ホルモンが、益々増えて、それがニキビを助長させてしまっているのです。
男性の場合、社会での重責は大きいので、どうしても、ストレスが溜まりやすくなります。
ストレスは自律神経を乱すことで、ホルモンバランスを崩しやすく、男性ホルモンが増加しやすくなりますから、当然、皮脂が増えることになるのです。
ニキビが出来やすい環境ですから、こまめに洗顔をすることが望ましいのですが、ゴシゴシ洗い過ぎたり、刺激を与えすぎると言うのは、大切な皮脂までも取り除いてしまうので、かえって皮脂分泌が盛んになり、ニキビを助長させてしまうのです。
男性ホルモンの中でもテストステロンが増えることが、ニキビにとってはとても好都合の状態なので、まずはホルモンバランスを安定させることが第一でしょう。
ニキビの場所をしっかりと把握して、その部分に負担がかからない洗顔と保湿ケアを徹底させることで、頑固なニキビも少しずつ消えていくのです。

男性ホルモンニキビ、通称男ニキビを改善するには?

男性ホルモンが多い男性ニキビは、年代によっても異なるのですが、10代では脂っこい、甘い物好きと言った偏食ばかりの生活で、過剰な皮脂分泌を起こしてしまうのです。

又、20代になれば、ストレスや睡眠不足と言った普段の生活から、ホルモンバランスを崩し、顎周りと言ったパーツに見られ、それがなかなか治りにくく、跡として残ってしまうのです。
まず大事なのは、保湿ケアであり、ニキビが出てしまっている状態は、毛穴が塞がり、角質が堅くなっているので、バリア機能が乱れ、炎症を起こしやすい状態なのです。
その為、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使うことで、保湿作用と、皮脂分泌を抑えることが出来ます。
それから、やはり食事は大事な要素であり、油は当然のこと、皮脂を増やす為、出来るだけ控えた方が良いのです。
なので、欧米食に見られる動物性脂肪を出来るだけ控えて、やはり和食が良く、特に緑黄色野菜を中心に摂取すると、ニキビの発生を防いでくれます。
そして、ニキビを増加させている男性ホルモンを低下させるには、バランスが大事であり、それは睡眠中により良い効果を発揮します。
最低でも1日6時間の睡眠をキープしましょう。
特に、美のゴールデンタイムと呼ばれる午後10時から午前2時までの間は、布団に入って、寝ている事がベストですね。
この3つの美容ポイントを基に、男ニキビを改善していきましょう。

男性ホルモンが優位になる理由

ニキビが出来てしまった状態は、男性ホルモンが優位になっていると言われています。

なぜ優位なのか、原因は様々で、生活習慣の乱れが挙げられます。
寝不足だったり、運動不足だったり、偏った食事ばかりだったり、ストレス過多だったり、特にストレスは、自律神経の中の交感神経を加速させる為、緊張と興奮状態になります。
この状態が続くと、男性ホルモンを分泌させる為、皮脂分泌が多くなりますから、当然、にきびが出来やすい環境になってしまいます。
勿論、全てのニキビが男性ホルモンの影響とは言えませんが、特に男性ホルモンが優位になるのは、Uゾーンでしょう。
ニキビの場所は、顔の側面やもみあげから顎にかけてのラインに出来るニキビで、他にも口周りや鼻の下は、最も男性ホルモンが影響しています。
加齢により、肌の老化が進むと、どうしても乾燥した肌になりやすく、バリア機能が低下した肌は刺激を直に受けて、炎症を起こしてしまうのです。
男性ホルモンも増えやすくなり、女性ホルモンとのバランスが崩れると、肌の状態は悪化します。
この状態を改善するには、リラックスすることで、気持ちを落ち着かせることで副交感神経が正常化し、男性ホルモンが減少し、女性ホルモンを増加させることが出来るのです。
ニキビが出来る皮脂分泌は、アンドロゲンと言う男性ホルモンが、トリアシルグリセロールの分泌を促進させることによって起こります。
ニキビを作りたくないのであれば、女性ホルモンを上げ、男性ホルモンを低下させることですね。

医学的なエビデンスに基づいたニキビ跡を消す方法

炎症を起こしているニキビは辛いですが、そこから進行してしまうと、ニキビ跡になってしまい、なかなか消すことが出来ません。

しかし、世の中には、こういった末期の状態でもしっかりと解消することが出来るのです。
それでは、ニキビ跡の種類とそれぞれのケア方法について、お話しましょう。
ニキビ跡の状態では、しみのように色素沈着が起こっていることも多いのです。
外部からの刺激に対して防御する為に、メラニン色素が働く為、ニキビの炎症が、しみを作り出してしまうのです。
とは言っても、皮膚のターンオーバーが正常化されていれば、自然と消えていくものなので、このターンオーバーを改善させることが、最も効果的なニキビケアと言えるでしょう。
それから、赤みを帯びたニキビ跡のケアですが、炎症は特にないので、痛みも無いのに、赤みだけが残ってしまうと言った場合です。
炎症が酷く、その結果うっ血している状態であり、放っておくと、シミになってしまうので、早めのケアが必要でしょう。
長期化してしまうと、なかなか治らず、下手にケアすると、悪化してしまうと言う怖い存在なので、しっかりと治療してください。
最後は、凹凸のあるニキビ跡のケアです。
陥没してしまったニキビ跡は、そのままの状態を放置してしまうと、治ることは無いので、早めに治療が必要になります。
少しでも良くしたいと思って、レーザーやピーリングを使用するのですが、刺激が強すぎて悪化してしまう為、適したケアが必要になります。
これらの3つのニキビ跡を根本的に治す方法と言うと、それはホルモンバランスを整えることです。
女性ホルモンは、美肌を作る要素ですから、ニキビ跡を改善する為には、男性ホルモンを減少させて、女性ホルモンを増加させましょう。